【2018】Amazonで買えるHomeKit対応製品

AirPlay2 と めっちゃ安いスピーカーで AirMac Express を活用してみる

オフィス の BGM は Apple TV に接続した ディスプレイ内臓スピーカー から再生しています。
しかしながら、フロア(広くは無いですが)の隅々まで音楽が広がらないことにもんもんとしていました。

AirPlay2対応スピーカーの導入を検討したのですが、高くてなかなか手が出ません…
毎月多くのガジェットを購入しているため、、、

参考 Sonos OneSonos ▲こちらの Sonos One は Amazon Alexa 搭載で、AirPlay2にも対応とのことで、かなりお手頃かと思いました。
しかし、こんなに多機能のものはいらないのです…

とにかく AirPlay2 で音楽を流したいだけ…
そこで、先日のファームウェアアップデートで AirPlay2 に対応した AirMac Express を活用しようと考えました。

AirMac Express には ステレオミニジャック が付いているので、PCスピーカーなどの簡易的なスピーカーを気軽に接続できます。
しかし、この構成では音量を確保するために、スピーカー用の電源が必要になってきます。

電源不要の安価なスピーカーは音量上限が低いイメージだったので、悩んでいましたが、思い切って購入しました!

▲電源不要(電池もいらない)でレビュー数も100超あり、定番商品となっているこちらの製品。
カラーもホワイトで AirMac Express にあうだろう!!

安いし、失敗してもいいやと言う気持ちで購入しました。
配達は翌日に到着し、すぐにセットアップへ

AirMac Express の設定

今回、AirPlay2のみの利用で、AirMac Expressを使用するので、ネットワークは有線接続し、ワイヤレスは設定で無効にしました。
ファームウェアバージョンは 7.8 となっていることを確認します。

いざ、デプロイ


▲とりあえず、机の上においてみました。
ケーブル類は机の下に逃がして、なるべくごちゃごちゃしないように…
有線LANケーブルが干渉して、スピーカーは少し斜めに設置せざるを得ませんでしたが、まあまあ許容範囲です…

音質について


まず、音量ですが予想していた通り、めちゃくちゃ小さいです。
ただ、用途としてオフィスのBGM用なので音量の大きさは望んでいません。
それにしても、音量設定最大でBGMとして成立する程度です。
特に私はBGMにビル・エバンスしか流さないのでJ-POPなどに比べると音源自体が音量も小さいのですが、まあまあ許容範囲です。

音質自体はBGMとしてならば問題ないと思います。
立体感とか定位とそういった類の評価はできませんが、ノイズなど耳に障る音は発生していないように思います。
むしろ隣の iMac の方が最近、チリチリとうるさいです。

しかし、ベース音は皆無になります。
ジャズで重要なベースが聞こえないのですが、AppleTVのディスプレイ内臓スピーカーから出力される音が聞こえるのでまあ許容範囲です。
AirPlay2で全てのスピーカーが同期されているための賜物です。

私の環境ではなんとか問題なかったですが、単独で音楽を楽しみたい場合には、やはり電源が必要なタイプのスピーカーをお勧めします。
私としては満足できる買い物でした。

オムキトくん

エージングでもうちょっとだけいい音になることを期待…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です